検索エンジンGoogle(グーグル)は、圧倒的な情報量と精度の高さ、さらに使いこなせば使いこなすほど驚異的なユーザビリティで他の検索エンジンを圧倒している。また、Google(グーグル)は、常にユーザーの嗜好に応じて新機能を搭載している。これほどまでの機能を搭載しているにもかかわらず、その機能や性能を有効に活用している人は多くないのが現状である。当ブログ(検索エンジンGoogle塾)では、Googleの機能や検索テクニック等を紹介している。


Googleニュース

ヤフーとグーグルが提携

ヤフーとグーグルは、7月27日、日本における検索事業において提携すると発表。この提携で、ヤフーはグーグルのアルゴリズムサイト検索技術と検索広告を採用する。

グーグルは、2001年から2004年にヤフーに検索エンジンのライセンスを提供してきたが、米Yahoo!独自の検索エンジン採用に伴い、一度は終了したが、今回、再びライセンスを供与し、Yahoo!JAPANでGoogleの検索エンジンが採用される。

ミステリーグーグル(Mystery Google)

Googleといえば検索エンジンと言われるほど世界的に認知されているのだが、検索キーワードと関係ない検索結果を表示してくれる「ミステリーグーグル(Mystery Google)」がネットで話題になっている。

ミステリーグーグル(Mystery Google)はどんな検索キーワードを入力しようと、まったく関係のない検索結果を表示してくれるサービスで同じキーワードを検索しても、検索するごとに結果が違ってくるというから忙しい人には不向きなサービスだが、もしかしたら新たな発見があるかもしれない面白いサービスかもしれない。

なお、このミステリーグーグルのサービスは英文字のみ対応なのが日本人にはちょっと辛いかもしれない。

Google AdSense 日本語版(公式ブログ)が公開

グーグルアドセンスは手っ取り早くブログやウェブページから収益を上げるには適しているので、多くの人が利用しています。

このたび、Google AdSense日本語版の公式ブログが公開されました。

http://adsense-ja.blogspot.com/2008/02/adsense_14.html

これからAdSenseを始めてみようと考えている方はもちろんのこと、すでにAdSenseを利用している方にも活用できる内容になっていますので、是非とも「Insider’s Guide to AdSense」をダウンロードして、目を通しておくといいでしょう。

Google版Wikipedia?新ツール「knol」

米Googleが、ユーザーが知識を共有するための新ツールのテストを開始。

このサービスは「knol(unit of knowledgeを表す)」と呼ばれ、特定のトピックをよく知っている人に、そのトピックに関して信頼できる解説を書いてもらうことが目的で、現在はテストの初期段階にあり、招待制で一部のユーザーに無料で提供されている。

Googleはknol用の編集ツールを提供し、コンテンツを無料でホスティングするが、編集にはかかわらない。執筆は誰でも自由にでき、執筆者が編集責任を負い、コンテンツを管理する。また、同じトピックについて複数の競合するknolができる可能性もあるという。執筆者の判断で広告を載せることもでき、その場合、Googleは広告収入のかなりの部分を執筆者に支払うというもの。

テストが終了したら、knolは完全にオープンになり、knolのコンテンツはほかの検索エンジンからも検索可能になるという。

米グーグルが米ダブルクリックを買収

米グーグルは13日、米ネット広告サービス大手のダブルクリックを買収することで合意したと発表。

買収額は31億ドル(約3700億円)で、昨年の米動画投稿サイト大手ユーチューブ買収(16.5億ドル)を大きく上回り、グーグルにとって最大の買収案件となる。

グーグルは、検索キーワードに関連した検索連動型広告(adwords)が得意で、買収によってディスプレー広告分野を強化し、ダブルクリックが持つ広告代理店や大口広告主との取引関係をグーグルの広告収入拡大に役立てる考えだ。

GoogleがYouTubeと買収交渉

米Google(グーグル)が、動画投稿サイト運営の米YouTube(ユーチューブ)の買収交渉に入ったことが分かった。

買収総額16億ドル(約1900億円)で交渉中だが、合意に達しない可能性もあるとしている。
グーグルと競合する米ヤフーもユーチューブの買収に関心を示しているという。

グーグルは動画投稿分野で圧倒的な市場シェアを持つユーチューブの買収で収益機会の拡大を図る考えだ。

日本語版Googleカレンダー公開

グーグルは9月19日、Googleカレンダー日本語版を公開した。
Googleのアカウントを持つユーザーであれば無料で利用できる。

Googleカレンダーは、予定管理のほか、友人などと予定を共有できるサービスである。Ajaxで構築されており、直感的に予定を書き込むことができる。
カレンダーは複数作成することができ、スケジュールを共有する相手をそれぞれ選べる。

また、インターネット上で公開されているイベント情報を取り込める点も特徴で、iCalやCSV形式のデータを取り込めるため、自分がほかのソフトで作っていた予定表も取り込める。

さらに、携帯電話とも連動しており、予定のリマインダなどを携帯電話で受け取れるようになっている。

日本語版「Google Earth」を公開

米Googleは、オンライン3D地図ソフト「Google Earth」(4β)の日本語版を13日付けで公開した。

対応OS
Windows2000/XP
Mac OS X 10.3.9/10.4.4

これまでは米国内の一部だけであったビルの3Dデータが、日本国内のものが追加。大都市圏だけではなく、郊外や地方都市など広範囲に渡る。

はてな検索にGoogle採用

はてなは米Googleと提携し、検索サービス「はてな検索」にGoogleの検索エンジンを導入した。

はてな検索は
「人力検索はてな」
「はてなブックマーク」
「はてなダイアリー」
などはてなの各サービスを横断的に検索できるサービスだ。
今回、Googleエンジンを導入することで以下の機能が加わった。

・ウェブ検索の検索結果に、Googleの検索結果とともにbマークが表示され、関連するはてなブックマーク情報にアクセスでき、ブックマーク登録ユーザー数も表示される。
・すべて検索の検索結果に、関連するはてなダイアリーキーワードが表示される。

[グーグル]Googleツールバー日本語最新版

グーグルは、ブラウザーからグーグルのネット上のサービスを利用しやすくするための拡張機能Googleツールバーの日本語最新版を公開している。
ネット検索をするための領域に文字入力している際、過去の履歴やブックマークなどから自動的に候補を表示できるようにするなどの機能を追加している。
また、新しいツールバーではグーグルのサーバー上に自分のブックマークを置いておき、ツールバー機能を導入しているコンピューターならどこでも同じブックマークの一覧を見られるようになった。

Googleツールバーのダウンロードはこちら

GoogleとKDDIが提携!EZwebにGoogleアドワーズが!

GoogleとKDDIが提携を発表した。

2006年7月からauの「EZweb」にGoogleの検索エンジンが採用されることになった。
この提携によりPC向けコンテンツも含めた幅広い検索サービスが提供されるとしている。

また、検索結果には検索キーワードに沿ったGoogle広告(アドワーズ広告)も表示されるようになるとのこと。

検索エンジンが最も利用されるアプリケーションになる

技術・メディア・通信部門の動向に関して調査した結果(米Deloitte)によると,2006年は、検索エンジンが電子メールを抜いて,最も頻繁に利用されるアプリケーションになるという。

参考記事

サイバーエージェントの一部サイトがGoogleインデックスから削除

サイバーエージェントや関連会社が運営する一部サイト(メルマ,ECナビなど)が、Googleで検索できなくなった。
サイバー社や関連会社サイトのSEO対策が、Googleのポリシーに反したためとみられる。

参考記事
Copyright (C) 検索エンジンGoogle(グーグル)塾. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。