検索エンジンGoogle(グーグル)塾TOP ≫  Googleニュース ≫  Google版Wikipedia?新ツール「knol」
検索エンジンGoogle(グーグル)は、圧倒的な情報量と精度の高さ、さらに使いこなせば使いこなすほど驚異的なユーザビリティで他の検索エンジンを圧倒している。また、Google(グーグル)は、常にユーザーの嗜好に応じて新機能を搭載している。これほどまでの機能を搭載しているにもかかわらず、その機能や性能を有効に活用している人は多くないのが現状である。当ブログ(検索エンジンGoogle塾)では、Googleの機能や検索テクニック等を紹介している。


Google版Wikipedia?新ツール「knol」

米Googleが、ユーザーが知識を共有するための新ツールのテストを開始。

このサービスは「knol(unit of knowledgeを表す)」と呼ばれ、特定のトピックをよく知っている人に、そのトピックに関して信頼できる解説を書いてもらうことが目的で、現在はテストの初期段階にあり、招待制で一部のユーザーに無料で提供されている。

Googleはknol用の編集ツールを提供し、コンテンツを無料でホスティングするが、編集にはかかわらない。執筆は誰でも自由にでき、執筆者が編集責任を負い、コンテンツを管理する。また、同じトピックについて複数の競合するknolができる可能性もあるという。執筆者の判断で広告を載せることもでき、その場合、Googleは広告収入のかなりの部分を執筆者に支払うというもの。

テストが終了したら、knolは完全にオープンになり、knolのコンテンツはほかの検索エンジンからも検索可能になるという。
コメント
コメント投稿フォーム:
 [必須]
: [必須]
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバック
トラックバックURL:
※ トラックバックは管理者の承認後に表示されます。
Copyright (C) 検索エンジンGoogle(グーグル)塾. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。