検索エンジンGoogle(グーグル)塾TOP ≫  Google ≫  Google vs Yahoo[第3四半期決算で明暗]
検索エンジンGoogle(グーグル)は、圧倒的な情報量と精度の高さ、さらに使いこなせば使いこなすほど驚異的なユーザビリティで他の検索エンジンを圧倒している。また、Google(グーグル)は、常にユーザーの嗜好に応じて新機能を搭載している。これほどまでの機能を搭載しているにもかかわらず、その機能や性能を有効に活用している人は多くないのが現状である。当ブログ(検索エンジンGoogle塾)では、Googleの機能や検索テクニック等を紹介している。


Google vs Yahoo[第3四半期決算で明暗]

Googleは第3四半期決算を発表した。
キーワード関連広告の売り上げが成長を牽引し、利益が前年のほぼ倍増。

Googleは、YouTubeを16億5000万ドル相当の株式交換で買収する意向を明らかにし業界に衝撃を走らせたが、Googleの勢いは今のところ衰えることはないようだ。

一方、Yahooも17日に第3四半期決算を発表したが、大手の広告主からの出稿が低迷したことを受け、純利益が前年同期の約3分の1にまで低下している。

Googleの米国検索市場におけるシェアはユーザー数をもとに計算すると、前年の37%から約44%まで増加しているという。Yahooのシェアは前年の約30%から28.7%まで減少している。

Googleは、ウェブ検索数や検索ユーザー数でライバルを上回るだけでなく、検索による売り上げでも2位以下を大きく引き離している。
コメント
コメント投稿フォーム:
 [必須]
: [必須]
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバック
Copyright (C) 検索エンジンGoogle(グーグル)塾. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。