検索エンジンGoogle(グーグル)塾TOP
検索エンジンGoogle(グーグル)は、圧倒的な情報量と精度の高さ、さらに使いこなせば使いこなすほど驚異的なユーザビリティで他の検索エンジンを圧倒している。また、Google(グーグル)は、常にユーザーの嗜好に応じて新機能を搭載している。これほどまでの機能を搭載しているにもかかわらず、その機能や性能を有効に活用している人は多くないのが現状である。当ブログ(検索エンジンGoogle塾)では、Googleの機能や検索テクニック等を紹介している。


検索エンジンGoogle(グーグル)塾 新着情報

ヤフーとグーグルが提携

ヤフーとグーグルは、7月27日、日本における検索事業において提携すると発表。この提携で、ヤフーはグーグルのアルゴリズムサイト検索技術と検索広告を採用する。

グーグルは、2001年から2004年にヤフーに検索エンジンのライセンスを提供してきたが、米Yahoo!独自の検索エンジン採用に伴い、一度は終了したが、今回、再びライセンスを供与し、Yahoo!JAPANでGoogleの検索エンジンが採用される。

ミステリーグーグル(Mystery Google)

Googleといえば検索エンジンと言われるほど世界的に認知されているのだが、検索キーワードと関係ない検索結果を表示してくれる「ミステリーグーグル(Mystery Google)」がネットで話題になっている。

ミステリーグーグル(Mystery Google)はどんな検索キーワードを入力しようと、まったく関係のない検索結果を表示してくれるサービスで同じキーワードを検索しても、検索するごとに結果が違ってくるというから忙しい人には不向きなサービスだが、もしかしたら新たな発見があるかもしれない面白いサービスかもしれない。

なお、このミステリーグーグルのサービスは英文字のみ対応なのが日本人にはちょっと辛いかもしれない。

Googleカレンダーをより便利に使うテクニック

オンラインでスケジュールを管理できるGoogleカレンダーをより便利に使うテクニックが紹介されていました。

今まで予定の入力や変更が面倒だと感じていたユーザーにはもって来いのテクニックかもしれません。

■予定時間は文章で入力
■予定が変更されたらドラッグ&ドロップで移動
■キーボードショートカットを利用

Googleカレンダー便利テクニック
| Google |

Googleのインデックスやランク付けなどに関する10の誤解

GoogleやYahooの検索結果で上位表示できないページやサイトは存在していても存在していないのと同等の扱いを受けてしまうため、SEO(検索エンジン対策最適化)を専門に行う業者が無数に存在しており、SEOについていろいろな噂や誤解が流布されています。

そのため、Googleは公式ブログで「Googleのインデックスやランク付けなどに関する10の誤解」を公開しました。

Googleのインデックスやランク付けなどに関する10の誤解
| SEO関連 |

GoogleでFAQをすばやく探す

様々なシーンで、製品やサービスについてFAQ(=いわゆる、よくある質問群)を調べることが多いのではないでしょうか?

購入した、あるいは契約したメーカー名が明確なら、そのメーカーのサイトにアクセスしてFAQを見ればいいのですが、意外と面倒だったりします。

そのような場合には、『inurl:faq ●●●』(●に探したいキーワードを入力)と検索すれば、簡単に探してるFAQページが見つかります。

なぜなら、FAQページには、URLに「faq」の文字列が含まれている場合が多く、inurl構文に調べたいキーワードを追加して検索するとヒットすることができるというわけです。

また、新製品や新サービスのプレス発表(プレスリリース)を探したいときも、『inurl:press ●●●』(●に探したいキーワードを入力)というinurl構文が重宝します。

カテゴリ別Google!で目的のサイトを探す

「ソフトウェアを探したい」
「料理レシピを探したい」
「自動車保険を探している」

など、探したいものはあるが、キーワードが思いつかないといったことが少なくありません。また、探しても膨大な情報の中から探し出すのは面倒だという声もよく聞こえます。

そんなときは、カテゴリー別の検索を利用してみては?

seesaa_egoogle20090816.jpg

Googleのトップページから「サービス一覧」をクリックし、「ディレクトリ」をクリックします。すると、上図のような『カテゴリ別Google!』が表示されますので、あとは、探しているカテゴリ(ジャンル)をクリックすれば、わざわざキーワードを入力し検索する手間が省けます。

検索エンジン=キーワード検索が主流といわれていますが、実は、ディレクトリには、エディタ(Yahooだとサーファーと言われています)が申請サイトの審査を行い、掲載か非掲載の判断を下して登録されているので情報の精度が比較的高いと言われていますので、探す情報にもよりますが、目的のサイト探しに近道だったりします。

Googleで「相場」を調べる方法

海外旅行中でのチップの相場や、結婚式でのご祝儀の相場など、私達の生活に身近な「相場」ですが、地域・慣わし・風習などによっても相場はいろいろです。

そこで、相場について、インターネットで調べるわけですが、例えば、『御祝儀』の相場を調べようとしても、「ご祝儀」とか「祝儀」とか、これまたいろいろとあって調べれば調べるほど分かりづらくなってくることも少なくありません。

ところが、検索したサイトをよく観察すると、「ハワイのレストランでのチップが相場で・・・」とか「結婚式の御祝儀は最近30,000円が相場で・・・」などと、『・・・が相場』という説明文を目にすることが多く、検索する際には、「相場」という語句より、『が相場』という語句を、調べたい単語と組み合わせれば、調べたい相場が効率的にヒットするでしょう。

例えば、

『ハワイ タクシー チップ が相場』
『ハワイ レストラン チップ が相場』
『結婚式 祝儀 が相場』
『出産祝い が相場』
『小遣い が相場』

など、調べたい単語をいくつか組み合わせると検索の精度がよくなるでしょう。

Googleが新検索エンジン!?

米Googleが新検索エンジンをテスト公開したという記事を見つけました。

3回か4回目の検索で、スパムと勘違いされたのか・・・「コンピュータ ウィルスやスパイウェア アプリケーションの自動リクエストと類似したクエリが送信されました。」というエラー表示が出たとのこと。

連続での検索に厳しくなって、いわゆるスパム対策が強化されたのかもしれません。

グーグル・デスクトップでパスワード付きのExcelファイルが丸見え!?

グーグル・デスクトップはパソコン内のファイル検索に便利だが、これを使うと、パスワード付きのExcelファイルも簡単に探せる。しかし、プレビュー機能を使ってファイルの中身までが丸見えになるとしたら・・・。

ご存知の通り、Exceは、ファイルにパスワードをかけることができるが、グーグル・デスクトップを使うと、パスワードで保護したはずのファイルが丸見えになってしまうことがある。

グーグル・デスクトップは、検索の速さと使い勝手の良さがある。検索結果はブラウザーに表示でき、プレビュー機能を使えば、いちいちファイルを開かなくても、その内容を閲覧できるのだが、検索ページにある「デスクトップ設定」をクリックすれば、検索する場所やファイルの種類も細かく指定が可能で、「パスワード保護されたOffice文書」という項目を選択すると、パスワード付きのファイルも検索できるのだ。検索という観点からすると非常に便利だが、中身をプレビューできてしまうのはいかがなものかと不安になる。

実は、グーグル・デスクトップは、ファイルのパスワードを解除しているわけではなく、パスワード付きファイルをExcelが開いている間に、背後でファイルを監視して、検索用のデータを取得しているため、パスワード付きファイルを不正に入手した他人が、その人のパソコンでグーグル・デスクトップ検索を行っても、ファイルの中身が検索されることはないようだが、会社などでは、複数の人が同じパソコンを使用するケースも少なくない。そのため、自分はパスワードで保護したつもりでも、同じパソコンを使う別の人が、グーグル・デスクトップを通じて中身を見てしまう可能性は十分あるので注意が必要である。

Google AdSense 日本語版(公式ブログ)が公開

グーグルアドセンスは手っ取り早くブログやウェブページから収益を上げるには適しているので、多くの人が利用しています。

このたび、Google AdSense日本語版の公式ブログが公開されました。

http://adsense-ja.blogspot.com/2008/02/adsense_14.html

これからAdSenseを始めてみようと考えている方はもちろんのこと、すでにAdSenseを利用している方にも活用できる内容になっていますので、是非とも「Insider’s Guide to AdSense」をダウンロードして、目を通しておくといいでしょう。
Copyright (C) 検索エンジンGoogle(グーグル)塾. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。